2012年01月27日

kitsch

また安定が悪いので「存在の耐えられない軽さ」を再読中。

ミラン・クンデラ好きすぎる。でもチェコの歴史分からないので勉強せな。

先月箱根行ってきました。私の姉、DJ medicalオススメ「生命の星・地球博物館」を目的に。

この小説の中のテーマのひとつである「俗悪なもの(kitsch)」を物凄く連想させる博物館でした。

名前やHPからして真面目に地球を考える〜みたいな感じなのですが
特集の仕方や置いてある剥製などはいいのですが、並べ方が俗悪、悪趣味、よって大好き。

さすがmedicalが勧めるだけあるわ、と終始感心しておりました。彼女私の趣味本当理解している。

蝶々好きですし、とても絵になるので写真も撮るほうなのですが、さすがにこれはキモイと思いました。

IMG_0534.jpg

他にもすごい絵に(なっちまった)ものたくさんありますので小出ししていきます。

あとはずっと行きたかった彫刻の森美術館へ。
山本基さんの作品見たかったのでタイミングよかったーのですが年末からは澁谷征司さんの写真展があったらしく、うぬ、今月行けばよかったと今更思っている。

彫刻好きなんです。好き好きいいながら全然詳しくありませんが。
身体表現と立体作品は嫉妬しながら尊敬してます。映画は好き通り越して病気だと思います。

絵画に興味が持てないのはどうしたもんか。

しかし素晴らしい美術館でした。

これお気に入り。

IMG_0617.jpg

旅館では露天風呂つきの客室で贅沢な飯と入浴しながらのビール。
嗚呼、あの日に戻りたい。
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。