2011年12月29日

被写体こそがテクニック

今年の点数は50点。

見た映画は多分150本くらいしかいってない。でも本はわりと読めた。
結局関西には行けず、行った水族館は5つ。

今年は初体験をたくさんやらかした年でした。


いけない社交場にいったり
オイタなことしたりされたり
レズビアンイベントのカメラマンになったり
アイドルカメラマンになったり
アシスタントしたり
シルクドゥソレイユ見に行ったり
SM雑誌の連載もらったり

なんといっても8月のグループ展はとても勉強になりました。

ステートメントの大切さ、コンセプトを言葉にすること、伝える努力
自分のなりたい自分 そうでなかった過去といまだ足りない部分 技術、精神、情報
アーティスト性(なんて言葉は嫌いだけど)を改めて考えました。

他人と関わりたいから写真を撮っている。尊敬する人達と仲間になりたい。

来年目標の個展に向け、さらに向上していきます。


それ以外はいつも通り、たくさんの人と出会い、良質の作品と対話し、良書をよく読み、健康には気をつけ、金と情報を貯蓄すること。


以上、2011年もお疲れ様でした。
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個展開催を楽しみにしています。
がんばってください!
Posted by アジェ at 2012年01月07日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。