2011年07月27日

"Asian Photo Arts" Photo Exhibition

グループ展詳細決まりましたー
オープニングパーティーもあるので是非いらしてください。
パーティーといってもお酒片手にウロついてる作家と話すって感じなのでお気軽に◎みんな気さくで気紛れです。入場料金や規制はありませんので、のど渇いたくらいの勢いで来てください。

――――――――――――――――――――――――――――――
281597_254729407886048_100000469737078_1049448_99471_n.jpg


"Asian Photo Arts" Photo Exhibition
2011年8月30日(tue)-9月11日(sun)
13:00-18:00(Opening hour)

9月3日(sat)17:00-20:00 Opening party

場所:IN STYLE PHOTOGRAPHY CENTER  インスタイル・フォトグラフィー・センター
http://www.instylephotocen​ter.com/Information.html
東京都港区南麻布5-2-9 インスタイル南麻布ビルディングB1F
東京メトロ日比谷線広尾駅下車徒歩7分

――――――――――――――――――――――――――――――

ASIAN PHOTO ARTSとは
東京を拠点に活動するフォトグラファーチーム。asianphotoarts.blogの運営を中心に、それぞれの個展やグループ展の活動を行っている。当写真展にてウクライナのファッションブランドToshoとのコラボレーションによる限定プリントTシャツを販売。売り上げの一部を日本赤十字社に寄付する。また当写真展終了後、韓国、ロンドンにて写真展開催予定。

作家 :Tim gallo 荻野章太 朝倉圭祐 山谷佑介 Kim Jeongwan 齋藤明 
Blog URL : http://www.asianphotoarts.​com/blog/

――――――――――――――――――――――――――――――

Asian Photo Artsは、20歳代の多国籍写真家グループだ。彼らは多くの若手と違い、経験の少なさを感覚だけで埋めようとしない。オープンな心を持ち、周りの世界から情報を貪欲に収集し、集約する。それらは深く考察された後に、直感で総合化されて作品となる。表現やテーマはまだ粗削りだが、彼らの創作姿勢からは将来の可能性を感じさせる。

福川 芳郎 ブリッツギャラリー

――――――――――――――――――――――――――――――

私は水族館シリーズでいきます。
これから会う人にDM渡しまくるのでよろしくお願いします◎
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

born again

IMG_7055.jpg



齋藤陽道さんのレセプションパーティーへ

彼の踊るような手話を見るのがすごく好き

なんだかもうストーカーのようになっているワタシ

ここ一ヵ月位うまく睡眠をとれてなくて 

そのとき見上げた作品が彼の写真でよかった

無防備に心を開いて生きていける強さ

カメラを構える覚悟がまるで違う

わたしがそうありたかったひと ひと

こんな生活はもうやめよう



彼は帰る時に必ず握手をしてくれる

口の代わりに言葉を話す彼の手の 握り返す力強さに ああ、生まれ変わろうと思った

posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

疾駆

IMG_4488.JPG


わたわたの7月になってます。

では3連休楽しみましょう。
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

スーパーのう゛ぁ


032_3.jpg

大きい恒星が死ぬときにとんでもない爆発を起こすことをスーパーノヴァ(超新星)っていうんだけど

この特集や説明を見ていると必ずいわれること。


超新星は死のその瞬間に金や銀、銅、ウランなどの元素を宇宙へまき散らします。
我々自身の体もかつて超新星がまき散らした新素材が元になって作られたんです。

我々ひとりひとりが小さな星なのです。



こういう発言をあっけらかんとして話す科学者が好き。
って最近また宇宙熱がきている。
宇宙の長時間のCG映像を見るにはどこにいけばいいんだろう。


あと最近聞いてるサイエンスラジオで気に入ったフレーズ。


「みんなが軌道を譲り合ってね、ぎゅっとこう詰めてあげれば、火星か金星のどっちかには生命がいてさ。
地球とは全然違う種類なんだけど、知能を持って進化した生物がいる惑星が、太陽系にもう一個あったらって考えると面白いよね。
どんな文化なんだろう…地球と普通に行き来したりするのかな?」


夏は少年心に火をつける。

写真は超新星残骸。
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ピンクキラー



IMG_6372.jpg
posted by 齋藤明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。